“Mキーワード開脚の形でマッサージチェアに縛る束縛遊具責めを楽しむ”

“出会い系サイトの特色というのは、好みのゲームが楽しめる仲間だったり、自分の性癖を受け入れてくれる仲間をそこまで苦労せずに見つかるという事もあると思います。それがニッチな嗜好であればさらにです。どうにも普通の巡り合いでは見つけるのは難しかったりしますから。性癖なんて要素と向かって聞けませんしね(笑) そんな出会い系サイトの利益を最大限に活用やるという感じの紳士の体験談がありました。50年齢を過ぎてもアブノーマルなゲームを楽しめるっていいですね(笑)【ラッキーメールアドレスのリアル巡り合い体験談・愛知県内53年齢紳士】最近はますますノーマルなセックスしかしてなかったんですが、前日は久しぶりにアブノーマルなゲームを楽しみました。以前はずっとマニアゲームを通じていたものですが、いよいよ53年齢ですからね(笑) 私の場合はアブノーマルも慣れたもので、縛りも自己流ではありますが熟練の手法があります(笑) も中にはまずい縛り方をする人類も最近は多いみたいで、その女性は拳固を縛られた時に鬱血してしまったようで、痕もくっきり残ってました。お嬢さんを傷つけてしまったら何の意味もないので、そのレベルは思いっきり気をつけましょうね。私のように若い頃から検討を重ねてきた先輩がセキュリティだと思いますね(笑) さて昨日のゲームは拘束おもちゃ責めでした。まずは、マッサージチェアにM言葉開脚の状態でに縛ります。そして両手も不自由ように敢然と縛ります。この段階でモタモタしてしまうとせっかくのムードが台無しになります。流れるように運営を進めて、縛り終わった頃には女房のアソコから卑猥な汁で出始めているというのが理想です。そしてそこから電マやバイブで責めたてます。電マの気持ち良さに腰をくねらせて喘ぐ女房の風貌がたまりませんね。皆さんも半人前仲間ではなく、先輩と面白く気持ち良いアブノーマルを楽しんで下さい。ゲームの後はコッテリはめ込みですがすがしい汗を流しました。自分がイった時に、女房もピクピクって小刻みに痙攣していました。どうも体の適切もかなり良かったみたいです。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です