“19年の奥様が初めての緊縛遊戯に悶える感想”

“どうにも楽しい幸せメイルのクチコミを見つけました。19年齢の少女が43年齢のダディとの緊縛遊戯に溺れて行くといった件です。緊縛遊戯だけじゃなく、ほんのりアブノーマルな遊戯に興味を持っているういういしい少女というのも常時はきっちりいるよね。でもそういう若い少女がまさかアブノーマルな遊戯をしてもらいたいと思っても、同じ年頃の男子はそんな実例などないことが多いわけですよね。それに恥ずかしくて、例え主人であってもそんなことやるとは言えない事が多いようですし。そこで出会い系サイトの到来となるわけです。そしてカテゴリーの離れたオジサンなどが選べることも多いわけですね。こういうよくあるプラモデルの一例のように感じましたね、今回のクチコミは。【幸せメイルの世間触れ合いクチコミ・神奈川県内43年齢ダディ】40年齢を過ぎても、時に余りにういういしい肉体を貪りたくなる。わたしの場合、10代の少女と長く続くようなセフレ動機を何やら維持できないので、好色するたびに幸せメイルで標的を探すに関してになる。そして此度見つけた彼氏は今までにセックスした奥さんの中でも最高だった。出会う前に自分がマニア遊戯がびいきは伝えてある(笑) それにも興味を持ってくれたようだ。初々しい女性はマニアくさい遊戯に注意があっても同年代の男子はこんな遊戯をするだけの出来事を持ち合わせていないので、わたしというオジサンの到来になるわけだ。彼氏と出会ってお茶してから宿屋へ直行する。そしてわたしは彼氏にコスチュームに着替えるように言った。彼氏に渡したコスチュームは著名食堂サイクルの制服だ。フェチが大好きな本物の制服だ。そして10代の少女の肉体は必ずや沢山だった。適度な肉付きなので制服がよく似合う。こういうコスチュームを着ると、エプロンに絞り出された胸にふっと目がいってしまう。彼氏はベッドに腰を下ろして、ちょっぴり緊張しているような顔付きをしている。わたしはといえば、縄をしごきながら彼氏の加減をつぶさに見つめていた。10代の初々しい肉体に縄をかけるという安堵にわたしは家屋震えていたのだ。だって3月々までは制服を着ていた少女なのだから。わたしは彼氏に近づき、背後からひそひそ抱きしめた。首筋から奥さんの風情が立ち上っていた。そして彼氏の手を取り、こっそり背中に回す。彼氏は罹るが通りだ。常に背中の大きい場所で手首を決め、急いでその狭い手首に縄をかける。縄を留めたら、ゆっくりとミルクのアップダウンに縄を這わしていく。胸に縄をかけるらほんのり胸に握りこぶしが触れた。それだけで、「あぁ」という良い声が漏れた。わたしはもう一度、今度は強めに胸を揉んだ。「ああっ、No。。」今度は大きな声で喘いだ。高手小手に緊縛終わると、わたしは彼氏をじっくりと眼で楽しむことにした。しょっちゅうそうするのだが、こういうひとときが大好きだ。よく見ると大きなおっぱいだ。その豊かなミルクは麻縄によって、どんどん凄まじく突き出ている感覚だ。そして二の腕に食い込んだ縄が被虐ビューティーを醸し出している。これ以上激しく縛ったら疼痛を覚えるだろうから、その一歩手前の強さでわたしは縛るのだ。こういう遠慮が酷いのだが、それが積み重ねてきた実例と技能のなせるコツだ。彼氏は初めての縄の拘束霊感を味わっているみたいだった。うなだれて肩で息をしている。縄は気持ちいいということを知ってしまったようだ。「こうされたかったんだよね?」と尋ねても、彼氏は顔を真っ赤として何も答えない。「違うの?」畳みかけるように聞いても、ただうつむいているだけで言葉を発しない。「そうか。何も言えない口なら、そんなものは取り除けるな」と言って、わたしは晒の白布のまん中に二重に結び目を作り、彼氏の口を割った。大きなコブを噛まされた彼氏の唇は被虐ビューティーを帯びて、わたしは猿轡の上から彼氏に口づけをした。彼氏もかまされた猿轡のまま、わたしの唇を求めてきた。こういう変質的キスにわたしも彼氏も酔っていた。。それから彼氏は今まで隠してきた、というか自分でも自覚したことがないようなマニア明らかの本当の自分の容貌を2時間に渡って曝し続けることになった。。ビビッから若い子の調教は止められない”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です