“首輪を組み込み四つん這いでフェラ奉仕させたドMママとのH感想”

“本当に幸せメルアドではどんな遭遇が交わされているのか。色んな人のリアルな幸せメルアド評価を紹介することで、そのあたりを浮き彫りにしていきたいとしてある。やはり色んな遭遇が繰り広げられてある。まずはそんなエロい評価から紹介したいと思います。一見すると清楚で可愛らしい40代の妻なのに、M性が強烈に硬い妻のようです。そして出会ったその日からまずまず強烈なセックスを繰り広げていますね。【幸せメルアドの世の中遭遇評価・都内46年父親】出会い系サイトを長く並べると果たして色んな遭遇がある。少し前から俺と会いたいと言ってくれていた女性がいた。ダイヤリーなどを書いてこちらから報せ発信していると、興味を持って向こうからアプローチしてきてくれることも多い。何度かメルアドを通じて「じゃあ来週会いましょう」と約束した。だがそのコミットメントの前の太陽に、家内から連絡が入る。前からのセフレに呼ばれていて、そのあちらがいる大阪まで会いに行くべきか何とか耐えるというのだ。「どうしたらいいか、あなたが決めて下さい。」という。その時、俺は徹夜明けの仕事後に帰る途中で、無精髭は伸びてるしドレスも汗臭い、地獄な体調だった。でも疲れ切っている時に異様に好色が湧き起ることってあると思うが、その時の俺はムラムラが収まらないような体調だった。すぐに俺は、都内駅舎から直通で来れる国分寺駅舎に来るようにと家内に話した。そしてランデブーの交番脇で俺を待っていたのは、事前に交換した写メよりもはるかに可愛らしい、清楚な基盤の40代の妻だった。大阪で待っているセフレもこういう良い奥さんを結構抱きたかったのだろう。単に愛車でちょい走ったところにある宿屋に直行する。部屋に入ると、俺はすぐさま家内のカラダを弄り、卑猥な文句を浴びせた。ウェアを脱がそうとすると、少々恥ずかしそうにする。自分ではカラダに自信がないについてのようだった。でも本当にウェアを脱がせてみると何一つそんな事はなく、むしゃぶりつきたくなるような美味しそうな肉体だった。更にDカップくらいはある軟らかい胸が目を引く。M性の力強い家内は、俺の責めを言いなりに受け入れてくれた。ソファーでの時間第一人者。後発牛乳縛りからの鏡の手前でのフェラチオ。鏡の手前で喘いでいる面構えを見せながらの裏手。そしてザクザクレクリェーションはエスカレートしていき、最初のセックスだというのに、首輪に誘引を付けて内部を四つん這いでウォーキングさせてからのフェラ奉仕もさせてみた。ベッドの上では、バイブや電マでのオモチャ責めからのセンター取り出し。「あっ、ものすごく硬くて気持ち良い。。気持ちいいです。」「俺のチンポは博士か?こういうチンポの下部になるか?」「はい。なります。ますますください。」家内を突きまくりながら、俺のセックス下部になるコミットメントまで交わした。一回目のセックスでここまでの間柄になるのも物珍しい。いくらMッ気の凄い女性であっても、下部になるコミットメントをするのは2~3回セックスした下部だ。そして翌週も逢うコミットメントをしてから、待ち合わせた国分寺まで送った。スーツケースを引きながら、改札口に歩いていく家内の後ろ姿を見送った。そして俺はとても可愛らしいセックス下部を獲得した歓喜にほくそ笑んでいた。しかし現実はそこまでかしこくいかなかった。その夜から更に家内との知らせが着かなくなったのだ。こちらから送った系統に答えは一切ない。ただ、ホームページのダイヤリーやプロフには足跡が着く。俺は家内が求めるご主人様はテクノロジーもスタイルも違っていて家内の狙いに応えられなかったのだろうかと落胆した。あまりにも落ち込んでしまって、家内を引き止める面なく、予定通りに大阪に行かせたほうが家内につきだったのか、などと考えるともなった。でもこんな事もよくあることだ。また可愛らしいセフレは探せば宜しいし、間もなく見つかるだろう。わざと会いに国分寺まで来てくれた家内には何があってもリラックスするポリシーしかない。出会い系サイトの遭遇というのは、予想もつかない伸展に溢れていて、スパイシーライフが送れるは請け合い。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です