“深夜に車内で不義ユーザーをフェラでイカせてあげる30年サラリーマンの公表”

“30年勤め人の愉快メールクチコミです。何だか赤裸々な開示といった感じです。不倫しているようですが、その事は親友にも言ってないと書いていますね。心の中にずっと仕舞い込み、そして匿名でネット上に書いているについてのようですね。出会い系サイトでの出会いの奥深さを感じました。ただセックス目指すというわけじゃなく、例えアバンチュール恋人であっても、遅まきながらその恋人を求めているということも多いということが一心に分かるクチコミですよね。【愉快メールの世間出会いクチコミ・埼玉県内30年ママ(勤め人)】あたいにはウィークに1~2回くらい、深夜に密会する男性がいる。こういう事は誰にも言ったことはないんです。勿論親友にも。その男性は愉快メールで知り合ったのですが、なぜか関わりが長く続くようになりました。東京の最大手に勤めている奴で、日々夜更け10ご時世くらいに現職を終えて帰って来る。亭主は駅舎の近くの立体パーキングにモデルを停めていて大まか、会いたいと思ったままメールがきます。亭主はちゃんと紳士で、私もいつのころからか亭主を求めるようになりました。護符というほうがいいかもしれません。そしてメールが届くと、その立体パーキングに会いに行くのです。亭主は既婚パーソンなので会える時間は正に限られています。その立体パーキングの車内で、キスしたりイチャイチャしながら、お尻やオッパイを触られて私も亭主の下半身を触り、凄いごつく広くなったら亭主のアソコをくわえます。たえず自然の流れでこうなります。亭主にお尻や乳を揉まれながら、あたいは亭主のアソコを丁寧に舐めます。深夜の仕事帰りで、当然シャワーも浴びてないので、独特の臭いがしますが、何となくその感じを嗅ぐと興奮するようになってきました。亭主のアソコの感じを嗅ぎながら一心不乱に舐め続けると、亭主は「気持ち良いよ」と言いながらゆっくり息吹が荒くなってきます。そこであたいは、吸い上げるように、強く飲み込むようにして舐めると、亭主がもう少しでイキみたいと教えて貰える。あたいはその時に、二度ときつく強く吸うと、いつものしるしで背中を叩かれ、口の中に満杯出して貰える。あたいは口に出されたたっぷりの精液を、たえずほんのり味わうようにしてから徹底飲み込みます。そうすると、亭主は常に嬉しそうにしてあたいを抱き締めて貰える。「有難う」って言いながら。アバンチュールの出会いではありますが、こういう出会いがあたいを支えてくれている。こういう間隔がなかったら、あたい、今頃はとっくに社辞めちゃってるというな。そんなに支えになってくれている。自分こそ本当にありがとうね。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です