“恥辱を感じる動きで興奮してしまう女心理の現実”

“本当に出会い系サイトでの巡り合いは色んなものがありますよね。真面目に付き合うパートナーを探す場合もあれば、セフレを探す状況、ひいてはこういう評価のようにアブノーマルなセックスを堪能するパートナーを探すについても結構あったりしますよね。そしてアブノーマルなセックスでは、女房の普段は隠れた胸中が滲み出てくるので甚だ楽しいですよね。【幸運メールアドレスの現実巡り合い評価・福岡県内41歳メンズ】前回、やっと「縄」を経験した亭主。今日は一層一歩進んで梁につなぐことにした。当然亭主は今日も何を繋がるのか分かっておらず戸惑いと見込が入り混じった外見を浮かべている。さっそく梁につなぐと、つま先立ちで必死に割合を取ろうともがく母親がいじらしかった。梁につながれた縄がピンと亭主のボディまで張っていた。母親は時時、生易しいため息をもらしている。縄に感じている母親のサウンドは何物にも代えがたくセクシーさを感じる。次に身は手提げ袋の中から我が国タオルを取り出し、常にタオルに結び目を作った。母親の裏手に回って、無理矢理にその口にタオルの瘤を噛ませた。「あぁ、いいえ。。」と亭主は言ったけれど、本心では母親はこれが大好きなのを知っている。口を激しく塞がれるという活動が。亭主の前に移り、足の縄を解く。厳しく縛った縄の跡が足に付いている。身は亭主の脛に口づけると、今度は片方の腿に縄をかけ始めた。亭主は果してやっと何が始まるのだろといった感じの不安な外見をしている。身はいったん立ち上がって亭主の戸惑いを和らげるために、亭主を抱きしめた。そして唇を重ねあわせた。胸中も撫でてあげる。口を塞がれている亭主は科白を発することはできないが、その目が身を信じていることを物語っていた。身は再度大腿の縄に取りかかった。三重に縄を回し、その縄ケツを改めて梁に留めてあるカラビナに通してからゆっくり引いた。これで亭主の腿が持ち上がった。一段と引いていくため、少しずつ亭主の股間が広がっていく。母親にとって、こういう体勢は特別恥辱を感じる賜物だろう。洗いざらい片足が上がったところで身は縄を固定した。さて、ここからどんな風に楽しもうか。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です